医療法人社団 慶勝会

文字の大きさ
文字の大きさ 通常
文字の大きさ 大きく

サイト内検索

理事長挨拶

医療法人社団 慶勝会 理事長
田中 耕一

 私ども医療法人社団 慶勝会は、明治21年「赤門病院」開設以来、館山市を中心に南房総地域の皆様方のご支援を受けて、地域医療に取り組んでまいりました。

 現在は赤門整形外科内科を中心とした医療事業と、介護老人保健施設や居宅介護支援など担う介護事業を二本の柱として、”患者様やご利用者様の個性を尊重し、その人らしい生活ができるようにサポートする”を基本理念として、日々の事業運営に取り組んでおります。

 現在日本は世界でも例を見ないほどの高齢化国家となりました。とりわけ南房総地域はわが国でも有数の高齢化地域であり、館山市では65歳以上の高齢者が人口の30%以上を占める状況です。このような高齢化が進行した地域では医療と介護の両輪が必要不可欠であると感じ、平成7年に訪問看護ステーション、平成9年に介護老人保健施設を開設いたしました。しかし独居高齢者や高齢者夫婦世帯及び老老介護や認認介護、交通弱者など高齢化の進んだ地方都市特有の問題は年々厳しさを増し、高齢者問題対策には地域を挙げての取り組みが必要であると痛感しております。私どもは地域の皆様方、とりわけ高齢者の方々が安心して暮らせる医療・福祉サービス体制を構築して行きたいと考えています。

 特に認知症医療・介護に関しては、周囲の方々の認知症に対する正しい理解と適切に支える環境整備を欠いては、社会生活そのものが成り立たなくなると言っても過言ではないでしょう。認知症の方ご本人に対して人生の大先輩として尊敬の念を持ち、我々が貴重な教えを頂戴する、あるがままの姿を受け入れ理解した上で最適なお世話をさせて頂く事が何より大切です。こうした基本理念を常に肝に銘じながら“その人らしい生活”の支えとなれるよう努めてまいる所存です。 皆様のニーズにお応えしてゆくためにも、私どもは社員一丸となって、医療・介護技術やサービスの質の向上を常に目指して、より一層の研鑽・努力をしてまいります。