赤門整形外科内科のご利用に際して 感染対策のご理解とご協力のお願い

当院では新型コロナウイルス感染症の感染予防のため下記の通り対策を実施しています。

皆様には、一定の期間ご迷惑をおかけいたしますが、院内感染防止のためご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

【受診いただく患者様へ】

  1. 当院では新型コロナウイルス感染症の診察およびPCR検査は実施できません
    感染が疑われる方は安房保健所の帰国者・接触者相談センターへご相談ください。
  2. 37.5度以上の発熱のある方は来院前にお電話にてご連絡をお願いいたします。その際、発熱以外の症状、行動歴などを確認させていただきます。
  3. 以下に該当する方は来院前に安房保健所の帰国者・接触者相談センターへご相談ください。■帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安
    少なくとも以下のいずれかに該当する方は、すぐに御相談ください。
    息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
    重症化しやすい方(※)で発熱や咳等の比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
    上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)
    ■妊婦の方へ
    妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
    ■お子様をお持ちの方へ
    小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。
  4. 発熱がない方も含め全ての方に検温を実施しています。
  5. 受診の際はマスクの着用など咳エチケットの徹底をお願いいたします。
  6. 入館の際は備え付けの消毒液にて手指消毒をお願いいたします。

 

【受診以外の目的で来院される方へ】

  1. 発熱やその他症状が認められる方は来院をご遠慮いただけますようお願いいたします。
  2. 来院される全ての方に検温を実施しています。
  3. 入館の際はマスクの着用など咳エチケットの徹底をお願いいたします。
  4. 入館の際は備え付けの消毒液にて手指消毒をお願いいたします。

 

【面会制限について】

  1. 入院患者様への面会はお断りしています。必要物品の受渡等は受付で行っていますので、事前にご連絡の上、受付までお越しください。なお、ご来院の際は上記【受診以外の目的で来院される方へ】をご覧ください。

 

【職員の感染防止策】

「新型コロナウイルス感染症に関する対応について」をご覧ください。

赤門整形外科内科における新型コロナウイルス感染症の診察について

当院では新型コロナウイルス感染症の診察およびPCR検査は実施できません。

感染が疑われる方は安房保健所の帰国者・接触者相談センターへご相談ください。

なお、受診される場合は「赤門整形外科内科のご利用に際して 感染対策のご理解とご協力のお願い」もあわせてご覧ください。

電話再診(処方箋発行)のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、厚生労働省は2020年2月28日付けで、慢性疾患を有する定期受診患者さんへの電話再診による処方を認めました。

これに伴い、当院においても「慢性疾患を有する予約患者」と担当医師が判断した場合に限り、電話による処方箋発行を開始いたします。なお、今回の措置につきましては、臨時的措置に基づくものですので、臨時的措置が終了するまでの間となりますことをご了承ください。

問合せ電話:0470-22-0008

受 付 時 間:月~金(祝日除く)8:30~18:00
      土(祝日除く)  8:30~17:00

「新型コロナウイルス感染症に関する対応について」

「新型コロナウイルス感染症」感染拡大に伴う対応について   2020/04/10

 

4月7日に緊急事態宣言が発令されましたが、当法人は安房地域の医療・福祉を担い生活の維持に必要な機能として、下記の通り十分な措置を講じたうえで運営を継続いたします。

 

【職員の感染症防止策】

  1. 本人または同居家族等に発熱・風邪症状を認めた場合には出勤しないことを徹底します。
  2. マスクの着用を含む咳エチケットや、手洗い、アルコール消毒を徹底します。
  3. 機器やパソコン・タブレット、その他共用物および共用スペースは使用毎の消毒を徹底します。
  4. 感染拡大地域や繁華街、イベント等感染リスクのある場所には行かないことを徹底します。

 

【赤門整形外科内科のご利用に際して】

「赤門整形外科内科のご利用に際して 感染対策のご理解とご協力のお願い」をご確認ください。

 

【通所・訪問サービスのご利用に際して】

  1. 検温や咳エチケット・手洗いの徹底などにご協力をお願いいたします。
  2. 次の場合はご利用の自粛要請や訪問せずに電話等による対応とする場合があります。
    • ご本人または同居ご家族等に発熱・風邪症状が認められる場合
    • ご本人に関わる介護・医療・福祉従事者に発熱・風邪症状が認められる場合
    • ご本人やご家族等が面接をご希望しない場合
    • ご本人の状態に変化がないことが見込まれ、訪問の必要性がないと判断される場合
  3. 来所者は必要最低限に制限し、3つの密「密閉、密接、密集」を避けるよう努めます。また、事業所内の消毒、室内の換気、席の配置等には十分配慮し、カラオケや大声を伴う活動、ご利用者同士の接触を伴う活動は中止いたします。

 

【入所サービスのご利用に際して】

  1. 来所者は必要最低限に制限し、3つの密「密閉、密接、密集」を避けるよう努めます。また、事業所内の消毒、室内の換気、席の配置等には十分配慮し、カラオケや大声を伴う活動、ご利用者同士の接触を伴う活動は中止いたします。
  2. 入所者様への面会はお断わりしています。必要物品の受渡等は玄関先で行っていますので、事前に事業所へご連絡の上、ご来所ください。詳細については、事業所へご相談ください。

 

患者様・利用者様・ご家族には、一定の期間ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止のためご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

赤門ヘルスケアグループ【入社式】

写真をクリックすると全画面表示されます。

4月1日、2020年度赤門ヘルスケアグループ入社式をおこないました。新型コロナウイルス感染症対策として職員間隔を広めにとり、マスク着用のまま時短で実施いたしました。

医療法人社団 慶勝会 田中 耕一理事長ならびに、株式会社ケアサービス・まきの実 宮幸 朗代表取締役より辞令が交付されました。その後の自己紹介では緊張した表情の中、それぞれの抱負をしっかり語ってくれました。
これから様々な経験を積み、各事業所での活躍が期待されています。

 

田中理事長に県知事表彰

田中 耕一理事長が、適正な介護認定に尽力したとして、令和元年度県国民健康保険等功労者表彰で県知事表彰(感謝状)を受けました。

1月7日 館山市役所にて

介護保険事業発足当初の平成11年10月から20年間にわたって介護認定審査会委員を務め、適正な介護認定に尽力。15年4月からは会長として審査会運営をけん引し、同審査会の委員の模範として大きな功績を残した。(引用:房日新聞)

第11回 親善バレーボール大会 赤門杯

2019年5月12日(日)

第11回 親善バレーボール大会「赤門杯」が館山運動公園で行われました。

当日は5チームずつの3部に分かれ、リーグ戦を行いました。全てのリーグで年々レベルが上がっており、試合中の緊迫感は観客席にまで伝わってきます。手に汗握る展開に観客席からも声援が飛び交う白熱した試合が繰り広げられました。試合の結果は以下の通りです。

  1部リーグ 2部リーグ 3部リーグ
優勝 慶勝会A エビハラ病院 TMR
準優勝 Team Kameda A 慶勝会C 中原病院
3位 セコメディック病院A  Team Kameda B    勝浦整形外科クリニック
4位 浅井病院 松戸整形外科病院 復光会
5位 慶勝会B 田村病院 木更津病院

大会実行委員会では、「来年も同時期に赤門杯を開催する予定。今後も有志の輪を広げ、多くのチームが参加してくれる大会を目指したい」と話しています。
また、参加くださったチームの方々にはコート作りから施設の使用方法まで、朝早くから夕方までご協力いただき誠にありがとうございました。

試合の様子を一部ではありますが掲載しています。
選手たちの巧みなプレーの数々をぜひご覧ください。

※写真をクリックすると全画面表示されます。

しめ縄つくりを行いました。

※画像をクリックすると全表示されます。

12月27日にしめ縄つくりを行いました。

藁の束を三等分にし、元からねじります。
「そんじゃ緩いよ、ここはこうだ」と手伝ってくださいました。

 

「やれるかな、良く見えないんだよな」とはじめは不安そうですが
やってみるとあっという間に編みあがりました☆
「昔はよくやったな」「職員さんもいい手つきだよ」と会話がはずみます。
形を整えて、完成です!
今年も1年沢山の笑顔と良い表情に元気を頂きました。
来年も『また来たい!』と言って頂けるよう
色々なことに挑戦し、支援させて頂きます!