33チームの頂点に!!被保険者バレーボール大会優勝!

第13回千葉県医業健康保険組合被保険者バレーボール大会に医療法人社団 慶勝会と赤門整形外科内科の2チームエントリーし、見事優勝と3位入賞という成績を収めることができました。
慶勝会では福利厚生として、職員相互の親睦、健康(運動不足解消)や体力づくりを目的として活動の支援や互助にも力を入れています。また、大会等を通じて他医療機関との交流を深める事も活動理由の1つです。

素晴らしい成績を残した選手達(職員)の様子を是非ご覧いただければと思います。

 

敬老会を行いました

                           ※写真はクリックすると全表示されます。

9月23日、なぎさ1階にて敬老会を行いました。

今年は『フルートアンサンブル あし笛』の皆さんによるフルート演奏会が開催されました。

5名の方が来館してくださり、フルート、バスフルートによる演奏をしていただきました。

みなさんご存知の『青い山脈』から始まり、全部で6曲を演奏していただきました。

フルートの音色に合わせ、みんさんも一緒に歌っていただきました。

フルートの音を聴くことで、リラックス効果や脳への刺激に繋がるようです。

いつものカラオケとは違い、フルートの音に癒されつつの歌となりました。

午後からは毎年恒例、職員手作りのピニャータでお祝いしました。

ピニャータとは、メキシコなどの国でお祝いごとの時に棒で叩いて割り、

中からでてきたお菓子を分けあうお祝い行事です。

今年もみなさん、いろいろな思いを込めて力強く叩いてくれました。

流しそうめん交流会

7月30日にまきの実保育所で流しそうめん交流会を行いました。

遮光ネットやターフを立てることで熱中症予防をしっかりして行事や外遊びを行っています。

スイカ割りもおこない、子供たちは終始楽しそうに過ごしていました。

 

第10回 親善バレーボール大会 赤門杯

2018年4月30日(祝日)

第10回 親善バレーボール大会「赤門杯」が館山運動公園で行われました。

今年で第10回目の節目を迎え、医療・福祉関係者からなる県内16チームが参加し、1部,2部,3部の3つに分かれ、リーグ戦を行いました。各リーグとも「最後まであきらめない」という粘り強いラリーがつづき、観戦している人を熱くさせる白熱した試合を繰り広げました。試合の結果は以下の通りです。

  1部リーグ 2部リーグ 3部リーグ
優勝 慶勝会A 千葉中央メディカルセンター セコメディック病院B
準優勝 Team Kameda A エビハラ病院A エビハラ病院B
3位 セコメディック病院A Team Kameda B 田村病院
4位 浅井病院 松戸整形外科病院 穏寿会
5位 慶勝会B 三友会 復光会
6位

木更津病院

 

大会実行委員会では、「来年も同時期に赤門杯を開催する予定。今後も有志の輪を広げ、多くのチームが参加してくれる大会を目指したい」と話しています。
また、参加くださったチームの方々にはコート作りから施設の使用方法まで、朝早くから夕方までご協力いただき誠にありがとうございました。

試合の様子を一部ではありますが掲載しています。
選手たちの巧みなプレーの数々をぜひご覧ください。