入所サービス利用料(なぎさ)

サテライト型小規模介護老人保健施設「なのはな館 なぎさ」での、「入所サービス」の利用料金をご案内します。

入所サービス利用料金について

介護保険給付費の利用者自己負担金は、利用者の要介護認定の結果(要介護1〜要介護5) と負担割合区分(1割・2割・3割)により金額が異なります。

利用料は、①介護保険給付費の利用者自己負担金 + ②加算料金(利用者の状態により加算)+ ③居住費 + ④食費 + ⑤差額室料 + ⑥その他介護保険給付外サービスを加算します。

①介護保険給付費、②加算料金、③居住費は、2床・3床・4床室と個室で異なります。

※新型コロナウイルス感染症に対応するための特例的な評価:令和3年9月30日までの間は、基本料金に0.1%上乗せとなります。

1日あたりの基本的な利用料

下記の入所利用料金は、介護保険給付費自己負担金が1割の日額と約1か月(30日)利用された場合の2床室・3床室・4床室、個室の料金例です(料金は日割り計算となります)。

下記「介護保険給付費自己負担分」は1割負担の料金例です。2割・3割負担の方は事務にご確認ください。

①介護保険給付費自己負担分

 

(非課税)
介護度 2床・3床・4床室 個室
要介護1 772円 700円
要介護2 820円 744円
要介護3 880円 805円
要介護4 930円 856円
要介護5 982円 907円

②加算料金(全ての入所者が対象)

 

(非課税)
項目 料金
サービス提供体制強化加算   18円
夜勤職員配置加算   24円

その他の加算料金は、該当の場合のみ適用されます。

③居住費

(非課税)
居室 負担額
2床・3床・4床室 650円
個室 2,100円

④食費

(非課税)
項目 料金

 

食費 1,950円

⑤差額室料

(消費税課税価格)
居室 料金
3・4床室 0
2床室A 3,300円
2床室B 2,750円
個室 8,800円

⑥介護保険給付費外サービス

(消費税課税価格)
項目 料金
日用品費 300円
教養娯楽費 400円

上記以外のサービスについては、各サービスにつき実費でのご利用となります。

その他の介護保険給付費外サービス

日額および月額(30日計算)料金例

(単位:円)
介護度 3・4床室 2床室A 2床室B 個室
日額 月額 日額 月額 日額 月額 日額 月額
要介護1 4,114 123,420 7,414 222,420 6,864 205,920 14,292 428,760
要介護2 4,162 124,860 7,462 223,860 6,912 207,360 14,336 430,080
要介護3 4,222 126,660 7,522 225,660 6,972 209,160 14,397 431,910
要介護4 4,272 128,160 7,572 227,160 7,022 210,660 14,448 433,440
要介護5 4,324 129,720 7,624 228,720 7,074 212,220 14,499 434,970
  • 例1.「要介護3」の方が、「3床室又は4床室」を利用し、介護保険負担割合が1割の場合、日額4,222円、月額126,660円となります。
  • 例2.「要介護3」の方が、「個室」を利用し、介護保険負担割合が1割の場合、日額14,397円、月額431,910円となります。

2床室A:301号室、302号室、303号室、305号室
2床室B:207号室、306号室

加算料金(②)について

表示されている料金は、1割負担の場合の、1日あたりの金額です(非課税)。

基本的な加算料金(全ての入所者が対象)

(非課税)
項目 内容 料金(円)
サービス
提供体制加算
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)介護職員の総数のうち介護福祉士の占める割合が80%以上の場合 22
サービス提供体制強化加算(Ⅱ)介護職員の総数のうち介護福祉士の占める割合が60%以上の場合 18
サービス提供体制強化加算(Ⅲ)介護職員の総数のうち介護福祉士の占める割合が50%以上の場合 6
夜勤職員配置
加算
厚生労働大臣が定める基準を満たす夜勤職員を配置している場合 24

その他の加算料金(※該当の場合のみ加算)

(非課税)
項目 内容 料金(円)
初期加算 新規入所後30日に限り加算 30
若年性認知症
利用者受入加算
若年性認知症の方が入所した場合 120
外泊時費用 外泊をした場合は、保険負担分の代わりに加算します(1ヶ月につき6日を限度)。 362
外泊時費用

(在宅サービス利用時)

外泊をした際に在宅サービスを利用した場合(1ヶ月につき6日を限度) 800
ターミナル
ケア加算
ターミナルに係る計画作成・説明が行われた場合(死亡日以前31日以上〜45日以下) 80
ターミナルに係る計画作成・説明が行われた場合(死亡日以前4日以上30日以下) 160
ターミナルに係る計画作成·説明が行われた場合(死亡日前日及び前々日)  820
ターミナルに係る計画作成·説明が行われた場合(死亡日) 1,650
栄養マネジメント

強化加算

入所者ごとの継続的な栄養管理を強化して実施した場合

LIFEへのデータ提出とフィードバックを活用している場合

11
栄養ケアマネジメント

未実施減算

栄養管理の基準を満たさない場合(令和6年4月1日~) -14
療養食加算 医師の指示箋に基づく療養食を提供した場合(1日3回 食数毎) 6
緊急時
治療管理加算
入所者の病状が重篤となり救命救急医療が必要となる場合(1月につき3日を限度) 518
認知症専門ケア加算(Ⅰ) 介護を必要とする認知症の方が2分に1以上、専門的な研修を受けた職員が規定数いる場合 3
認知症専門ケア加算(Ⅱ) 認知症介護の専門的な研修を修了しているもの、研修計画に従い研修を実施又は実施予定している場合 4
リハビリテーション

マネジメント

計画書情報加算

リハビリテーション実施計画を入所者又はその家族に説明し、継続的にリハビリの質管理していること。リハビリテーション計画書の内容等の情報をLIFEへ提出しフィードバックを活用している場合。 33/月
自立支援促進加算 医師が医学的評価を入所時行うとともに、6月に1回見直しを多職種が共同して自立支援に係る支援計画を策定し、ケアを実施していること。LIFEへのデータ提出とフィードバックを活用している場合。 300

/月

科学的介護推進体制加算 科学的介護推進体制加算(Ⅰ):入所者ごとの心身の状況等の基本的な情報を、LIFEへ提出しフィードバックを活用している場合 40/月
科学的介護推進体制加算(Ⅱ):入所者ごとの心身、疾病の状況等の基本的な情報を、LIFEへ提出しフィードバックを活用している場合 60/月
安全対策体制加算 外部の研修を受けた担当者が配置され、施設内に安全対策部門を設置し、組織的に安全対策を実施する体制が整備されている場合 20
安全管理体制未実施減算 運営基準における事故の発生又は再発を防止するための措置が講じられていない場合(令和3年10月1日から) -5
介護職員
処遇改善加算
基本介護サービス費及び各加算合計の3.9% 3.9%
介護職員
特定処遇改善加算Ⅰ
基本介護サービス費及び各加算合計の2.1% 2.1%
LIFE(科学的介護情報システム):科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とし、LIFEを用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCAサイクル(継続的業務改善手法)・ケアの質の向上を図る取組

介護保険給付費外サービス(⑥)について

表示の価格は、消費税課税価格です。

(消費税課税価格)
項目 内容 料金(円)
日用品費 シャンプーリンス・石鹸・タオル・ロ腔ケア用品等 300
教養娯楽費 レクリエーション教材費・テレビ・遊具・新聞・雑誌・カラオケ等 400
洗濯代 外部業者との契約で水洗い衣類の洗濯:月額5,238円(税込) 実費
外部業者との契約で水洗い衣類の洗濯:1ネット471円(税込) 実費
タオルセットレンタル 外部業者との契約、バスタオル・フェイスタオルセット:日額363円(税込) 実費
テレビカード 療養室の個人用テレビを使用される場合のテレビカード(10時間:1,000円) 実費
加湿器レンタル 外部業者との契約、加湿器(スーパー次亜水専用):月額8,800円(税込) 実費
予防接種 インフルエンザ・肺炎球菌ワクチンの接種 実費
クリーニング 衣類以外の洗濯又はドライ衣類の洗濯 実費
理美容代 理容・美容出張によるサービス(利用・美容各1回/月)(2,800円〜8,000円程度) 実費
行事・買い物 訪問販売による買い物や施設外での買い物 実費
写真現像代 写真等の希望による現像代:1枚 20円〜50円 実費
コピー代 モノクロA3まで:1枚 10
証明書
(1枚あたり)
簡単な証明書(1,000円〜2,000円程度) 実費
医師の所見のみの診断書(2,000円〜3,000円程度) 実費
複雑な検査や診断が入る診断書(5,000円〜20,000円程度) 実費